インプラントとブリッジ

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開け立ところを見れば多くのケースではインプラントが優位にたちます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。

インプラント治療は、まず何が大事かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療しゅうりょう後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。
一見し立ところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。
自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
このため、歯科医院を捜すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブホームページの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってちょうだい。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする