不倫の場合

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は低いです。また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。どの人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。
料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査が成功しなければ料金が発生しないという懸念があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。
そのように考えると、成功報酬制を採用している方が、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。
調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれで終わりとは言えません。

浮気を調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

そんな場合には、まず依頼者の立場を一番に気にかけてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。

信頼してもいい探偵なのかは、相談中の相手の印象を見るようにして慎重に決めるとよいでしょう。相手に気づかれないで客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、必要となる機材や技術があります。

浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠とは認められません。

探偵なら浮気調査をする場合、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。

 追跡グッズという探偵が使うものは 自分でも買えるものかと言いますと、買うことができるのです。
一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使用されることが多いですが、これは誰でもインターネットなどで買うことができます。
車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、誰でも買えるのは当然です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする